topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物病院の選び方 - 2014.07.18 Fri


公益社団法人 日本愛玩動物協会から奇数月に届く冊子  「with PETs」



今回はとっても興味深い特集が組まれていたのでご紹介です。



動物病院の選び方。これはペットを飼っていたら永遠のテーマです。



上の2匹を亡くしてから、幸いなことに17歳になるサクラは特に大きな病気をしていません。



でも、高齢猫の多くが患う腎臓病などにかかってしまったら…




今までの病院とは別の病院を選択するかもしれません。



フェムトの時はそこのH病院が一番近かった事もあり(フェムトは車酔いがひどかった)通っていましたが



引っ越ししてちょっと離れてしまっているので、しょっちゅう通うとなると考えます。





もっと家から近い所に動物病院はいくつかあります。



新しくできた病院もありますし、そこの方が設備がいいかもしれないですしね。


CIMG0453.jpg
動物病院にPET(ポジトロン断層撮影法)やPET-CTがあるなんてすごすぎ。人間の病院にもまだ、そう多くはないのに…


でも、結局はそこの先生と、飼い主が合うかということが一番だと思います。


タカヤが診てもっらていた先生は、こちらが具体的な病名を出したりすると、ちょっと嫌な顔をされたりしました。
(なんでその名前、あんたが知ってるの? みたいな)



割と話をきいてくれる先生だった(らしい、母 談)みたいですけど。



私とは合わないなと感じました。




病気を治してくれることはもちろん、飼い主がどう考えているかを受け入れてくれる所じゃないと、



亡くすことにでもなったら後悔してもしきれませんもんね。



最期を看取った時、ペットのQ、O、L(クオリティー・オブ・ライフ)を一番に出来ることはすべてしてあげたと



思えるようになりたいと考えています。



人間の自己満足かもしれないですが。



















サクラのこの大きな手が大好き♡










タカヤが脳腫瘍になった時、CTを撮りました。

かかりつけの病院からの紹介で距離的に遠い所だし、

12歳の高齢で全身麻酔の危険を冒しても私はCTを撮ることを選びました。

治せる病気なら治療をする、治せない病気でも、それをはっきりさせて

これからを快適に過ごさせてあげたかったから。

いったい、どれだけの飼い主さんが納得のいく死を迎えられたんでしょうか。

私は、犬猫など何匹か亡くしましたが、一度もありません。








スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは^^

訪問ありがとうございます^^

小さな、毎日を精一杯生きている命と生活するお世話係にとっては
永遠のテーマだと思います。
私も、幾度となく見送りましたが一度として納得のいくお世話はありません。

きっとその後悔が今一緒にいる命と向き合い、
今、思いつく限りのお世話をと。。。

きっときっと、そうやってこれからも向き合っていかないと
いけないのかなと思います。
この子たちはほんとに偉大すぎて。。。

うまく説明できなくてすみませんm(__)m

すもっちさん コメントありがとうございます。

本当にこの仔達は小さな体で偉大です。
どれだけの人たちに影響を与えてくれることか。
これからも、出来ないながら向き合っていくことが大切なんですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokiwaphemt.blog.fc2.com/tb.php/38-b5b61fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

当たった! 番外編 «  | BLOG TOP |  » 何か届いた

プロフィール

トキワ

Author:トキワ
猫の紹介 
猫1 アメショ ♀
タカヤ  1995年11月26日生れ
     2009年 2月 9日永眠

猫2 エジプシャンマウ ♂
フェムト 1996年 8月13日生れ
     2010年 6月23日永眠

猫3 白猫 ♀
サクラ  1997年 9月頃 生れ
とうとう20歳になりました!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
猫 (52)
ロト・ナンバース (4)
TVドラマ (4)
その他 (16)
タカヤ (3)
フェムト (4)
サクラ (2)
マンガ (12)
きもの (2)

黒猫カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。